3月3週目の例のアレ

気力が続く限りは、という感じ

3/13
■幼年期の終わり アーサー・C・クラーク著 福島正実訳 ハヤカワ文庫
 プロローグしか読めてませんが既にめちゃくちゃ面白い……。もうここだけで最後まで読みたくなる。成程確かに、こりゃ名作だわ、と思いました。クラーク作品は他に『楽園の泉』を読んでいるのですが、わりとストーリー展開とか場面の魅せ方はキャッチーな方なんですかね、わかりやすくて好きです

3/14
■沈黙 遠藤周作 新潮文庫
 映画化記念、というわけでもないですが手に取ったのは映画化がきっかけです。キリスト教の関わる話だとは知らなかったので読み始めてびっくりした。読むペースは非常にじりじりとならざるを得ないのですがさすがに面白い。数年前に長崎を旅行した時に日本二十六聖人記念館を見てきたのと、ラス・カサスの『インディアスの破壊についての簡潔な報告』を既読だったこともあり、真面目に読み切るための土台は出来ているのかな、という実感はあります。しかし昔の日本人はひでえことしやがるな

3/15
■本当はひどかった昔の日本 古典文学で知るしたたかな日本人 大塚ひかり 新潮文庫
 沈黙と続けて読むと他意があるようにしか見えませんが別にありません。日本霊異記の『女人、濫しく嫁ぎて、子を乳に飢ゑしめしが故に、現報を得し縁』というエピソードを引いて、セックス狂いの女が子供を飢えさせて報いを話があったのだよ、昔はよかったと言うけれど昔の日本も割とひどかったんだね、という感じで描かれているのですが、文学作品を現実にあったものとして捉えていいのかは怪しいのである程度眉唾にしておきたいところです――まあ、多分、あったんでしょうね

3/16
■ぼくたちのアリウープ 五十嵐貴久 PHP文芸文庫
 ジュブナイルっぽい文体で読みやすかったです。若者の描写はちょっと無理してる感があるけどまあ宜しい。本格的に面白くなるのはバスケが始まってからなのかな

3/17
■ペンギンの世界 上田一生 岩波新書
 ペンギンの鳴き声が「アッー」って表現されてたのでちょっと違うもの想像して笑いました。ともあれ、中身はペンギンについてちゃんと書かれた本。大体出版はアッーが流行る前だ
 第5章の表題が『ペンギン、人に会う』とされていて、おやと思って参考文献を見たら川端裕人の『ペンギン、日本人に出会う』が挙げられていました。そっちも未読なので読んでおきたいですね


[PR]
# by alt_plus | 2017-03-20 12:03 | 小説とか読んでみたり | Comments(0)

3月2週目の例のアレ

だんだん雑になってる自覚はありますが続けることに意味があるのだと信じます

3/6
■やる気のない刺客 町医北村宗哲 佐藤雅美 角川文庫
 濃厚な内容をぎゅっと凝縮したような文章が魅力的。時代物の素養もないせいで正直読み取れない部分が相当あるのですけどとにかく文章が心地良い。近現代の日本文学を踏まえた上で多少今風に寄せたらこんな感じになるのかな、と思う。登場人物の名前が一気にぶわーっと出てくるので相当面喰うんだけども実際作中で重要な役割を果たすキャラクタは数人なんだろうからあまり気にしなくてもよさげ
 
3/7
■一千一秒物語 稲垣足穂 新潮文庫
 冒頭の「一千一秒物語」だけ読んだんですけど、ショート・ショートの元祖ってやつなのでしょうか。話がどういうものであるかがよくわからなかったのだけど、こういう漫画を想定しているのかなと思ってイメージを膨らませて読んだら割としっくり来た。なんとなく宮澤賢治と似た匂いがする……と思ったら同じようなことを考えた人もいたみたい
 http://mononoke.asablo.jp/blog/2013/03/20/6752801
 http://mononoke.asablo.jp/blog/2013/03/22/6755018
 
3/8
■八月のマルクス 新野剛志 講談社文庫
 第45回江戸川乱歩賞受賞作。どうでもいいけどこの賞取ってる作品って必ず表紙にその旨印字されてたりする? 元お笑い芸人の主人公が週刊誌にスキャンダル抜かれてえらいことになるくだりのえらいこと加減が半端なくて、自分の身近なところで言うならツイッターの炎上なんかを思い出し、そういうことになってしまうこともあるんだろうなあ、と思ったりした
 
3/9
■火星の人 アンディ・ウィアー著 小野田和子訳 ハヤカワ文庫
 映画化されたアレ。厚みの割にはすらすら行けそうな感じがする。火星版鉄腕DASHとか言われてるらしいのでなるほどと思える辺りまでは少なくとも読みたい
 
3/10
■人はなぜ物語を求めるのか 千野帽子 ちくまプリマー新書
 人の思考の過程の細分化のレベルがものすごい。この細分化度合いは数学ガールに通じるものがある。ページ数的にも中身の理解度的にもまるで読めてはいないのだが、めっちゃ面白い本だという予感だけはある

[PR]
# by alt_plus | 2017-03-12 23:46 | 小説とか読んでみたり | Comments(0)

2月5週~3月1週の例のアレ

2/27
■女装する女 湯山玲子 新潮新書
 文体がやたらオタ向けというか軽い感じなのでオタ的には入るのが楽でした。正味ろくに読めてないので、タイトルのキャッチーさを期待して読むと期待と違った方向の面白さがありそうだ、という予感がある、くらいのものです

2/28
■少女ノイズ 三雲岳斗 光文社文庫
 大層面白い。けったいな性癖を持ったキャラクタ同士のボーイ・ミーツ・ガール、になるのかしらん。特筆すべきは文体で、物語を描いていく上で必要な要所要所を飛び石の如く繋いでいくようで、それでいて物足りなくはないし、必要とあればいくらでも厚みを増すという感じ。人によってはぶつ切り感を覚えるかもしれませんが僕はちょうどいいと感じました

3/1
■音楽遍歴 小泉純一郎 日経プレミアシリーズ
 どっかで連載されてたか何かなのだろうか。元首相の政治家としてではないもうひとつの側面、無類の音楽好きとして著者が語りまくる一冊。とはいえ、多分だけど、なんか手加減してるんじゃなかろうかと思わされるような気がしていて、もうちょっとマニアックに語ってもよろしいのではなかろうかと思わないではない。バッハとかベートーベンとか、あるいはパガニーニとかの割とメジャーどころの音楽家の名前が頻出するので。年季の入ったクラシックオタ的にはどうなんだろう、この感じは、と少し気になりました。まあ僕はクラシック全くわからないので、はあ、なんか面白そうっすね、聴いてみようかな、とか思った次第

3/2
■ナスカ 砂の王国 地上絵の謎を追ったマリア・ライへの生涯 楠田枝里子 文春文庫
 ナスカの地上絵の研究者マリア・ライへについて、若い頃に偶然雑誌で見掛けたその一瞬で「いつか、きっと、私はこの人に会いに行く」と直感した著者が、遠い未来に期を見つけて本当に会いに行ってしまうという実にドラマチックな話である。なんか川端裕人の著作と似た匂いを感じて、ナスカの地上絵に関わる自分の知らないドラマが多分たくさん書かれているのだろうなという直感があります
 
3/3
■スウィングしなけりゃ意味がない 佐藤亜紀 角川書店
 佐藤亜紀の過去作と比べても最高にライトなんじゃなかろうか。何しろ台詞が鍵括弧で括られているくらいですから。1930~40年代の若者の台詞にしてはえらく現代語っぽい語り口になっていて、当時の言葉を今風に翻訳したらこんな感じなんかしらんというのを踏まえたってことなのかなあと思ったりした。読むのは楽そうだし諧謔に満ちた文体も健在ではあるけど、もうちょいガチガチのを読みたかったなあという感は拭えないかもしれない。まあ最後まで読んだら印象が変わるかもしれない

[PR]
# by alt_plus | 2017-03-06 00:32 | 小説とか読んでみたり | Comments(0)

2月4週目の例のアレ

2/20
■over the edge 堂場瞬一 ハヤカワ文庫
 主人公が黒人男性という割と珍しげなアレ。海外の小説風の文体を匂わせようとしてあんまなってない感がしないでもない感じ。読み進めていくとあまり気にならなくなるのでしょうけど。あと冒頭で二郎っぽいラーメン屋が出てきて笑いました
 
2/21
■サラファーンの星Ⅰ 星の羅針盤 遠藤文子 創元推理文庫
 どファンタジー。非ラノベレーベルに於けるファンタジーの書き手って顕著に女性が多い気がするんですけど、これなんでなんかしら。女性であることによって触れやすくなる文化の中にファンタジーへの嗜好を育てる芳醇な何がしかがあるんでしょうか。落ち着いた文体でゆったりと話が進む上にナンバリングされててそこそこの規模の話みたいなのでそういうのが好きな人はどっぷり嵌りそうな感じですね

2/22
■螺旋階段のアリス 加納朋子 文春文庫
 リーダビリティすごい。するりと読ませるミステリ描写はさすがの一言。ラノベ以外の小説の文中で衒いなく美少女って出てくるの割と珍しくない? って驚いたりしました。冴えない中年の探偵と冴えてる助手の女の子というデコボコ感はそれだけで楽しいものかもしれません。そしてシリーズものの2作目であったらしい。またか……
 
2/23
■菊の御紋章と火炎ビン 「ひめゆりの塔」「伊勢神宮」で襲われた今上天皇 佐々淳行 文春文庫
 タイトル買いでしたがなんか有名な方らしい。紙つなげの人に名前似てるけど違うよな……。文章から著者自身の経歴に対する強い矜持を感じます。ここまで匂い立つような文体ってなかなか見かけないような気がする。本書によると昭和50年は昭和の危機管理史の中で最も苛烈な年であったのだそう。へえ、と思いながら読み進めることができそうですが結構気合がいりそうな内容なのでもうちょっと元気な時に……
 
2/24
■騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編 村上春樹 新潮社
 村上春樹はあまり読んでいない割にハルキ的な文体というイメージだけが先行していたのでめっちゃカタカナと・使いまくりの超オサレ文体が繰り広げられるのかなあと思っていたのですが割と現実の地名とかバリバリ出てきて肩すかしを食らった感がありました。思い込みって怖いですよね。それでも早々に出てくるセックスの描写とか男女の会話の軽妙さなんかは「は……ハルキ……!!」と絶句しかねないアレでした。73pの12行目で卓袱台返しそうになった

[PR]
# by alt_plus | 2017-02-26 23:28 | 小説とか読んでみたり | Comments(0)

2月3週目の例のアレ

2/13
■魔道師の月 乾石智子 創元推理文庫
 大変に面白い。まず何より魔法を一切ロジカルなものとしてではなく完全に意味の解らない不思議パワーとして描いているという点で稀有(あるいは、我々の理解しているロジカルさとは違うロジカルさが一貫しているのかもしれないけど)。世界観も練られてて文章追ってるだけで楽しい。夜の写本師ともほんのり繋がっている模様(がっつりかもしれない)

2/14
■時の果てのフェブラリー―赤方偏移世界― 山本弘 徳間デュアル文庫
 序盤10pくらいしか読めてなくて、そこまでだと面白味のようなものはほとんど皆無なのだけど(マッパの幼女が出てくるからそういう需要はあるのかもしれぬ)、多分30pとか60pとか読み進めていく中でだんだん面白くなっていくタイプなのだろうなと思う。ぱらぱらめくってみた感じだと1章を読み終えた時点で多分最後まで行きたいと思わせるくらいの力が生まれていくのだと思う――17p目くらいで本作独自の設定が顔を見せて、そこからしばらく怒涛のように文章の密度が上がるようなので

2/15
■サラは銀の涙を探しに 橋本長道 集英社文庫
 読みやすくて面白い。16pあたりの素晴らしい一手のぞくぞくする感じ、盤上の夜を読んでいたときの感じを思い出した。そして読み始めてから気付いたのだがこれはどうやら続編であった模様。でも本作から読み始めても多分楽しい
 
2/16
■ブタカン!~池谷美咲の演劇部日誌~ 青柳碧人 新潮文庫NEX
 冒頭のむちゃくちゃな悲劇設定と早々に解決されるくだりで笑う。その設定は必要だったのか……? まあ、必要なのかもしれないし、気楽さの演出なのかもしれない。そして読みやすい。最近読みやすい本(そしてきちんと楽しい本)にたくさん当たっていて嬉しい限り
 
2/17
■デラックスじゃない マツコ・デラックス 双葉文庫
 マツコ・デラックスのエッセイ。意外と――いや予想通りと言うべきなのかな、波乱万丈な人生を送ってらっしゃる模様。うなるほど金持ってると思うんだけど普段の生活は堅実というか無趣味の極みでそれこそ意外と意外な感じがした。だからこそマツコの知らない世界という番組が輝いているのかもしれない――いやあれ観たことないけど。いかにもテレビで見るマツコという感じの語り口の文体で、マツコという人間の感性にどっぷり浸れる感じがする。そしてそれはとりもなおさず、読者である自分自身に伝染し、いつしか僕は内心で、マツコが乗り移ったが如き語り口で自分自身を語り始めている自分に気付くのである
[PR]
# by alt_plus | 2017-02-19 13:44 | 小説とか読んでみたり | Comments(0)

2月2週目の例のアレ

2/6
■燃えるスカートの少女 エイミー・ベンダー 管啓次郎訳 角川文庫
 こういうものを純文学と呼ぶのだろうか、なんというか、楽しみ方がわからないというか何をやっているのかわからないというか……。大体10pとか20pの小品がまとめられた短編集で読むの自体はすごく楽。しかし理解はまるで進まない。恋人が逆進化していく『思い出す人』の切なさとか、『私の名前を呼んで』の承認欲求強めの女子の内面のなんか鼻に付く感をなんとなく味わって読むものなのか、何にしろ、今まで自分が読んできたものとは違う読み方が必要なのだろうなとは思う
 
2/7
■覇空戦記 富永浩史 コスミック文庫
 古いラノベ読みには見覚えのあるかもしれない作家で、今は仮想戦記作家にクラスチェンジしているらしい。元々3冊くらいだったものをひとつにまとめたらしくて恐ろしく分厚いが、平易な文章で書かれているので読むのは楽。艦これを知っていると読みやすさが増すのかなとか雑に思う

2/8
■声を出すのが楽しくなる誰にでもできる発声法 熊谷卓 日本実業出版社
 声に長年コンプレックスがある僕はとうとうこういう本に手を出した。普通の人がごく普通に暮らしていくにあたって声のことで困ることはまずないのだろうけど残念ながら僕は大困りなのだった――が、本書の冒頭では「……自分の声に満足している人は皆無であるとさえいえるでしょう」なんて書かれていて、程度の差こそあれ皆悩むことなのかもしれないなあ、と自分の考え方が少し変わった。世の中一般では悪い声から普通の声になるのには努力が必要ないものだと思われているみたいだけど、それはきっと間違いで、悪い声から普通の声になるのにはそれなりに時間と労力をかける必要があるし、普通の声からいい声になるのにも同じようにしなくてはいけない。マイナスからプラマイゼロになるための努力の総量と、プラマイゼロからプラスになるための努力の総量はきっと違うけど、どちらにせよ一朝一夕でできるものではないのだと思えるようになったのは自分的に収獲だと思っている
 
2/9
■「普天間」交渉秘録 守屋武昌 新潮文庫
 最近辺野古移設のニュースをよく聞くようになったので数年前に読んだのを再読。中身はすっかり忘れていた。普天間基地移設の問題はずっと昔からあって、自分の知らないところで進展してたりしてなかったりしたのだなとふんわり思う。大枠はわかるけど細かいところをよく知らない問題について欠けた部分を補うのにいいのだろうなと思う

2/10
■86-エイティシックス- 安里アサト 電撃文庫
 60pくらいまで読んだところだと秋山瑞人と有川浩を半分ずつ足して2で割ったような感じの作品という印象。作中で描かれる差別はまあ言ってみればエンタメの舞台装置としての一要素、差別についてあまり考えたことがない人の考えるベタネタ的な差別、という感じで特段身に沁みることもない――そこに確かにある問題意識に対して僕自身がアンテナを閉じている可能性もなくはないが。ハンドラーが戦術的に何をやっているのかまったくわからなくてこいついる意味あるのかなあと思ったけど、まさにそれこそが本作で書きたかったことだという可能性はある
[PR]
# by alt_plus | 2017-02-11 11:56 | 小説とか読んでみたり | Comments(0)

2017年1月4週目~2月1週目の例のアレ

1/30
■真紅の戦場 ジェイ・アラン 嶋田洋一訳 ハヤカワ文庫
 パワードスーツが出てくる戦争もの。ラノベ感覚で読める

1/31
■ステーキ! 世界一の牛肉を探す旅 マーク・シャッカー 野口美雪訳 中公文庫
 おいしいステーキを探して職権乱用気味に世界各地を飛び回った著者の旅行記? 食べ歩き記? 特筆すべきは文章の軽快さ。すっとぼけた雰囲気から繰り出されるジャブのような笑かしが心地よい。グリルした水道水みたいな味とか歯ごたえのある塩水とか例え方が辛辣過ぎて笑う。どんな味やw って思う。美味しい食べ物になるまでの過程でほとんど虐待同然の扱いを受ける動物たちの現実も垣間見えて、まあそれすら軽快な文体でかっ飛ばして行きはするのだけど、楽しいだけでは終わらせてくれない
 
2/1
■イカロスの誕生日 小川一水 ソノラマ文庫
 NHKFMの青春アドベンチャーで放送していた記憶がある。さすがの読みやすさ。超能力みたいなもので空を飛んでいるはずなのに空力とか航空学の話が出てくる辺りがSFだなあと思う(超能力もSFだろうと言われたら多分その通りだろうけどなんとなく言いたいことは察して欲しい)。話自体もその辺りから俄然面白くなる。主人公のキャラ付けをあまりいい子にしていないのは、作者の趣味なのか、ひょっとしたら僕の感性の問題なのかもしれない
 
2/2
■コーランを知っていますか
 アメリカがわちゃわちゃしてきたので勉強のために。雑に読むだけでもイスラム教に対する超雑な理解が雑な理解くらいにまでは引き上げられそうな気がしている。要はほとんど読めてない

2/3
■アンジェラの灰 フランク・マコート 土屋政雄訳 新潮文庫
 映画になったやつを観てとても面白かったので原作買ってずっと積んでたやつ。やはりアル中の父親のクズっぷりが際立つ

[PR]
# by alt_plus | 2017-02-05 14:23 | 小説とか読んでみたり | Comments(0)

2017年1月4週目の例のアレ

1/23
■きりしたん算用記 遠藤寛子 PHP文芸文庫
 林羅山とか角蔵素庵、スピノラといった実在の人物が次々登場するのが面白い。嵯峨本というのを調べたら確かにすごいクオリティで驚いた

1/24
■酒場詩人の流儀 吉田類 中公新書
 飲んべの詩人にしてイラストレーターの著者が北海道とか地元高知とかあちこちで飲み歩く話。元々は新聞連載だったらしい。本文中の詩的な部分が過剰でナルシスティックに思えてしまって自分の好みからは外れるが、好きな人は好きなんだろうなと思う。孤独のグルメみたいな食べ歩き記として面白いのかなと思う
 
1/25
■吉原はこんな所でございました 福田利子 社会思想社
 丁寧な文体が興味深い、あと昭和の生き証人が語る吉原の歴史って意味でも面白い。赤線とかその辺の専門用語は踏まえてないと理解が進まないかもしれない

1/26
■REDLINE 牧野修 ハヤカワ文庫
 劇場アニメ観に行ったの思い出す。キムタクの演技には違和感がなかった。アニメで分かりにくかった部分やディテールについてしっかり書かれているので面白い

1/27
■キャッチセールス潜入ルポ ついていったら、こうなった 多田文明 彩図社
 緑の党じゃん……。
[PR]
# by alt_plus | 2017-01-28 10:07 | 小説とか読んでみたり | Comments(0)

2017年1月3週目の例のアレ

1/16
■アラミスと呼ばれた女 宇江佐真理 講談社文庫
 長崎で通訳をやっている飾り物の職人の、幼い娘の物語。エキセントリックな面白さではなく知的な刺激に富んだ面白さがあるように思えるけど、ちょっとそういうのを読む気力が湧かない。元気な時に読みたい

1/17
■東京ダンジョン 福田和代 講談社文庫
 面白い。地底人の謎とエキセントリックな経済学者、どうつながっていくのか。鉄さんにも楽しいのかなと思う。鉄系の豆知識として第三軌道というものを知った

1/18
■欲情の文法 睦月影郎 星海社新書
 官能小説でお馴染みの筆者による官能小説の書き方講座。著者がエヴァパロ書いてたということに驚く。文中いろいろなことに言及しているが、エヴァに関する言及が雑なので、他のことに関する記述も雑なんじゃないかな、みたいに思ってしまう。この著者の執筆スタイルとして、必ず全6章構成だとか必ず18歳の処女を出すとかいうシステマティックなところはすごいと思った

1/19
■弾丸スタントヒーローズ 美奈川護 集英社文庫
 この展開、この台詞、コテコテの美奈川節やでってとこで超熱い。撮影所までの展開は大分無茶だけどまあいいや。「私は」「誰かのヒーローになりたいんだ」ひゃっほ――――う!!

1/20
■俺たちに偏差値はない 福澤徹三 文春文庫
 ゲームにしか興味のない高校生の主人公のすっとぼけた雰囲気が面白いかなという気はした。親にパズドラの課金の金を出してもらってるとことか面白い
[PR]
# by alt_plus | 2017-01-28 10:05 | 小説とか読んでみたり | Comments(0)

積本削減計画

~前回までのあらすじ~
 欲望のままに際限なく新刊や古本を買い漁った結果、広咲瞑の部屋は本に埋め尽くされてしまう。明らかに読むペースより増えるペースの方が早い。このままでは本の海に溺れて死ぬ――「かくなる上は」と彼はつぶやく。読書ペースの遅さを克服できない彼が選んだ手段とは?
 次回『積本削減計画』 果たしてそれは善か、それとも――

 というわけで積本が増えすぎたので計画を練りました。
 
■積本削減計画
 ・平日
  毎日違う本を一冊ずつ読む。
  読み切れた場合は本の処分を検討する。(残すか売るか)
  読み切れなかった場合は、続きを読みたいかどうかを考慮した上で本の処分を検討する。
 ・休日
  平日に読み切れなかった本の続きを読むもよし、また別のものに取り組むもよし
  また、処分するとした本を実際に処分する。

 ネックになるのは読書ペースの遅さとばらつき(月0冊~15冊程度)であるため、とにかくそこをクリアする必要があります。積んでるやつ無視して新しいの買うのが問題ですって? ちょっと何言ってるか聞こえませんね
 で、この方法であれば読書ペースに関わらず毎週数冊は処分できる計算になります。平日に読んだものが全部面白くなかったら5冊+α、全部面白かったらまあちょっとわかりませんけど、何にしろ処分できるペースは過去よりも早くなるはずです。
 本気で積本を減らすことだけを考えれば全部売っ払えばいいんですけど、折角買ったんだからちょっとくらい読みたい……でも全部は読めない……ということでの苦肉の策です。現在1000冊弱くらいある積本が、果たして数年後にはどれくらいになっているのか。床は見られるようになるのか、人を呼べる部屋になるのか、今から楽しみです

 あと折角なんで読んだ部分については感想を置いて行きます。雑極まりない感じになるそうですが許してほしい
[PR]
# by alt_plus | 2017-01-28 10:01 | ブログ内企画 | Comments(0)