5月第4週の例のアレ

 3週目は力尽きました

5/22
■変態さん! 下川耿史 ちくま文庫
 まあタイトルの通りなんでしょうけど、帯に「面白くて、哀しい昭和のスケベ人生」と書かれているのがおかしみとノスタルジーを誘います。目次等々から抜粋すると、女性に相撲を取らせて興奮する人、女性の切腹で興奮する人(勿論本当にかっさばいてはおりませんが)、ふんどしフェチ、チン型コレクター等々極まった性癖が諸々出てきて圧倒されますね。
 女性×相撲がタマンネって言ってる方々は嫌がってる女性にまわしを締めさせるのに興奮するとか、それがだんだん相手の方でもクセになってくるのがいいのだとか、女性二人に試合させて自分は行司やってるのが興奮するだとか、あまりにも婉曲過ぎてそれはどこにいくんだと思ってしまうものたちがたくさん出てきます。まあまわしについてはSMの一形態と本文中で説明されてて、まあそういうことならと思ったりしましたが、冷静に考えればSMも大分婉曲なところがないか、やはりまだよくわからないな、と思い直しました。変態の世界は奥が深すぎます

5/23
■世界禁断愛大全 「官能」と「耽美」と「倒錯」の愛 桐生操 新潮文庫
 本当は恐ろしいグリム童話で有名な著者の本。なんというか、そういう方向性の作家なんですね。世界的に有名な作家や犯罪者の持っていた、同性愛とかロリータ・コンプレックス、近親相姦やカニバリズムといった性癖について、具体的なエピソードを交えながら紹介をしていくと言う本です。最初に語られるのはオスカー・ワイルドで、なかなかこの方も絶倫というか手が早いというか、いろいろな美少年をとっかえひっかえ賑やかにおやりになっていたのだそうです。最終的に彼を破滅へと導いたアルフレッドと、対照的に最後まで献身的だったロバート・ロスのエピソードが同時に語られるのが印象的でした

5/24
■アイアムアヒーロー THE NOVEL 小学館文庫
 同名の漫画に関して当世の人気エンタメ作家が競作したもの。公式二次創作! 非ラノベ作家が書くラノベ! ということで大興奮しながら読みました。なお原作は1巻しか読んでない模様。朝井リョウの作品だけ読みましたがとても良かったです。原作との距離感が素晴らしい。二次創作かと言うと割とグレーな位置ではある気がしますが、自分は好きです

5/25
■BLAME! THE ANTHOLOGY ハヤカワ文庫
 最近映画公開の始まったシドニアの騎士の人の古い作品のアンソロジー。まえがきの文章で日本SFを牽引する作家として各著者の名前が挙げられているのですが、その中に九岡望が入ってるのちょっと笑いました。将来的には十分あり得そうだけどまだ早いやろ……。SF界隈は最初からラノベレーベルをSFとして扱っているものなのかな?
 で件の九岡望の作品を読みましたがむちゃくちゃ面白いですね。電撃で出てるいくつかの作品とは違う魅力があります。地味な設定を堅実な文章でじっくり読ませていく感じで、しかも退屈な書き方ではない――かなり好みのやつです。
 他の名だたる著者の作品もぱらぱらめくりましたが困ったことに全部面白そうです。読むの楽しみ

5/26
■雪の鉄樹 遠田潤子 光文社文庫
 書店で熱い煽りがついていたので気になって買いました。著者略歴見たら第21回日本ファンタジーノベル大賞出身でおおこんなところでも出会うかって気分になりました。中身は意図的に情報が隠されたまま進む形式で、2回読むのが推奨されてる感じですね。登場人物がそこそこクズ揃いで割と憂鬱な設定が続くので気が滅入りますが、殺人鬼フジコの衝動あたりのいわゆるイヤミスほどに露悪的ではないので読み進めるのはそんなにしんどくはなかったです。
 珍しく読み終えましたが、主人公の善意についての扱いが肯定的だったのか否定的だったのかよくわからなかったのと、微妙に超展開気味なところがあるのと、少なくとも一人作品から放り出されている奴がいるのが気にかかりまして、どういう意図でそういう話になったのかじっくり考えると色々楽しめたり得るものがあったりしそうだなと思います

[PR]
# by alt_plus | 2017-05-28 11:30 | 小説とか読んでみたり | Comments(0)

5月第2週の例のアレ

この読み方に意味はあるのかという疑問が今更湧いてきましたが、そもそも積本を減らすための読み方やしなあ。ちゃんと読まないための読み方みたいなところはあるので、邪道なのは間違いないし、できればやりたくないところです――無理やりでも数をこなすことができるって点では楽しくはあるのですが

5/8
■となり町戦争 三崎亜紀 集英社文庫
 割と進退極まった状況をここまで淡々とした文章で進めていくのは実はものすごいことなのではないでしょうか。戦争は意外と音もなく進行していって、危険が身に迫ってくる頃にはもう手遅れにほど近いのかもしれない、という恐怖感がありました。なにかとキナ臭いご時世ですし、こういうものを読んで心構えを新たにしておくのもいいのかもしれません

5/9
■しあわせの書 迷探偵ヨギ ガンジーの心霊術 泡坂妻夫 新潮文庫
 オチが秀逸であることで有名な本作、もちろんネタは知りません。ネタばらしすんなって冒頭に書いてるのちょっと笑いました。露骨に昭和臭のする文体ですが今読んでも面白いですね。短いし、最後までするっと行けそうな予感

5/10
■音楽嗜好症 脳神経科医と音楽に憑かれた人々 オリヴァー・サックス著 大田直子訳 ハヤカワNF文庫
 正直読む気力が湧かなくて2、3ページしか読めてませんが、多分面白い本です。多分。幼年期の終わりのオーバーロードの話とか進化の絡みでグールドの名前とか出てきたので多分面白い(雑すぎ)
 
5/11
■宇宙はなぜこのような宇宙なのか 人間原理と宇宙論 青木薫 講談社現代新書
 ドーキンスとかの翻訳で有名な方の単著。かつて人間原理というトンデモ理論的なものが宇宙論の分野に現れて、それを冷静な科学者の例にもれず毛嫌いしていた著者が、たまたま人間原理についた本の翻訳を手掛けることになったのをきっかけにして人間原理というものについて理解を深めた結果、いやこれ意外と宇宙について理解するのに必要な考え方なんじゃねえ? という気付きに至ったという話であるらしいです。まあ興味深い話ですね、と思いましたが、まだ序盤なので読み進めます、粛々と
 
5/12
■終りなき祝祭 辻井喬 新潮文庫
 著者略歴読んだらめっちゃ多数の文学賞取ってて「……方向性……???」と思ってしまったのですが、そもそもそれぞれの賞の方向性も何も知らないのでなんともという感じなのでした。なお室生犀星賞と高見順賞と平林たい子賞と谷崎潤一郎賞らしい。中身的には、ああなんか読みやすいアレだな、少なくとも構えて読む必要はないかな、という感じがしました。あと再序盤でなんかガチレズ出てくるので無駄にページ捲るペースが速まりました
[PR]
# by alt_plus | 2017-05-14 23:47 | 小説とか読んでみたり | Comments(0)

5月第1週の例のアレ

一部ネタバレとかあります。ラインナップはこんな感じ

■神さまのビオトープ 凪良ゆう 講談社タイガ文庫
■さよならアリアドネ 宮地昌幸 ハヤカワ文庫JA
■トリア・ルーセントが人間になるまで 三田千恵 ファミ通文庫
■ちくま日本文学全集 寺山修司 1935-1983 筑摩書房
■車輪の下 ヘルマン・ヘッセ著 高橋健二訳 新潮文庫


読む
[PR]
# by alt_plus | 2017-05-07 17:56 | 小説とか読んでみたり | Comments(0)

4月4週目の例のアレ

僕には小説を読む力はない

4/24
■落ちこぼれネクロマンサーと死せる美女 メラニー・カード著 圷香織訳 創元推理文庫
 世界観の説明もそこそこに話がガンガン進んでいくのは翻訳小説あるあるなんだろうか。前読んだシャーロット・ホームズの冒険もそうだった気がする。駆け足過ぎてついていけないが、読者としての力が足りないだけかもしれないし、もうすこし読み進めれば慣れてくるのかもしれない(20pくらい読んだ時点の感想)

4/25
■ハードラック 薬丸岳 講談社文庫
 派遣切り、貧困、ネットカフェでのギリギリの生活、家族や他者からの侮蔑、次から次へとロクでもない目に遭い続けている主人公に序盤からぐいぐい引き込まれていく。同類が集まって一発逆転を狙うピカレスクロマン的な(言葉の使い方合ってるのかな)要素が100p目くらいから出てきたけど、どうなるんだろこれ。闇金ウシジマくんとかamazarashiの歌みたいな世界観で、そういう現代社会のクッソだるい諸々が好きな人は多分楽しい。僕も楽しい

4/26
■PSYCHO-PASS ASYLUM1 吉上亮 ハヤカワ文庫
 数年前アニメをやってた作品のスピンオフらしい。アニメの方は1話だけ観て、犯罪係数というキレッキレの設定と「れ……レイプだ……!!」と変な気持ちになった記憶だけが強く印象に残り続けています。全部録画したけど全く観ずに消してしまったんですよね、もったいないことしたかな……
 で中身は普通に面白くて、北の工作員であるところの主人公が日本を脱出する際にやんややんや、そして祖国への凱旋の後に友人と妹に再開してやんややんやという感じで、やんややんやの部分が面白いですね。でもまだ50pくらいなのでもっと面白くなるのかな、先が楽しみでワクワクしています

4/27 
■ロリータ ウラジーミル・ナボコフ著 若島正訳 新潮文庫
 言わずと知れた超有名作――でもないのかな、作品から生み出された概念が有名なだけで作品自体は別に、なのかもしれません。でも確か佐藤亜紀がナボコフめっちゃいいよ!!!!!!って昔ブログに書いてた気がするので多分面白いんでしょう。で読んでみましたがなんか文章がぶつぶつ切られてて読みにくいような感じがしました。ただ、文学めっちゃ読んでそうな人のブログを検索して眺めてみたら別に不評でもなかったので多分僕の読解力のせいですね。猛省いたしましょう
 
 ところでこの本数年前になんかのフェアをやっているときに買ったんですけど、どピンクの帯に巨大な文字で「キュン死に162.png」と書かれてて、何言ってんだこいつは感半端なくてめっちゃ面白かったです。帯見た感じだと林真理子の『アスクレピオスの愛人』、越谷オサムの『いとみち 二の糸』、綿矢りさの『ひらいて』と共にフェア対象となっていたみたいですが……既読なのは『ひらいて』だけですけどキュン死に要素あったか……?

4/28
■天使 佐藤亜紀 文春文庫
 僕の超好きな作家のひとりである佐藤亜紀の大分昔の本。文体に含まれる諧謔が心地良くて好きです。でもこの本だとそういうところがあんまり出てない感じですかね。中身は退廃的なんだかオサレなんだかって空気のヨーロッパを舞台にしてて、どうも主人公には特殊能力があるらしいぞ、で多分美少年なんだろうなというところで、もう要素を並べた時点で食いつきやすさは保障されてるような気がしますね。実際読んでみたところでは序盤でおお面白いとはならなかったので優先しては読まないと思いますが、最後まで行くのは確定
[PR]
# by alt_plus | 2017-04-30 12:56 | 小説とか読んでみたり | Comments(0)

【おやすみ】4月3週目の例のアレ

諸事情により今週はお休みです。来週はちゃんとやります
[PR]
# by alt_plus | 2017-04-23 19:58 | 小説とか読んでみたり | Comments(0)

4月2週目の例のアレ

遅刻遅刻

4/10
■<自己発見>の心理学 国分康孝 講談社現代新書
 数ページしか読んでいませんが、論の進め方がとてもロジカルで頭に入りやすいこと、きちんと読む価値のある本だということはなんとなく当たりが付いています。あとは僕が読む気になればいいだけ

4/11
■月世界小説 牧野修 ハヤカワ文庫 冒頭で語られるゲイ同士の爽やかな交流が魅せる。でもそこから先のえらいことになってる話がメインなんだろうなあ、と思いつつも、まだ50pくらいだからよくわからないのでした。でも最初のところだけでも面白いと思う

4/12
■悲の器 高橋和巳 河出書房新社 すげえ難しい話なのかなと思ってたけど読み進めてたら割とゲスな話であった。まあ難しいのには違いない。がんばって頭悩ませながら読んで行けばギリギリ読めるくらいの難易度で、極端にページが進まないというわけでもないから丁度いい塩梅だと思う。23p11行目~12行目の文章が「ぶ……文学……!!」って感じで超好き

4/13
■ボーン・コレクター(上) ジェフリー・ディーヴァー著 池田真紀子訳 文春文庫 リンカーン・ライムっていう変なおっさんが探偵役なんかしらん。豚的には積極的にブヒりたいのでアメリアさんが今後も出張ってくれると嬉しいのですが、と思いつつ50pくらいまで来ました。海外の作品は慣れていないのでまったく情景が頭に浮かばないのですが、読み方間違えてる気しかしない

4/14
■ロクでなし魔術講師と禁忌教典4 羊太郎 富士見ファンタジア文庫 この往年のノリ。バディもので厨二魔法バトルでクリーチャーわんさか出てきてゲスい敵も出てくるとか、明らかに勝てない強敵を知略で抑え込むとか――っていう一連の『あの頃のファンタジア文庫』感をこれでもかと詰め込んだ力作――スレイヤーズやオーフェンを今風に書くとこうなるんだぜっていう感じでしょうか。まあどっちもちゃんと読んでないから印象の話でしかないです。牧師アルベルトの170pの行動とか、とても好きですね。ハガレン無印7話を思い出します
[PR]
# by alt_plus | 2017-04-18 21:04 | 小説とか読んでみたり | Comments(0)

ポエム書いた

『ちんぽ』

鉄棒にぶら下がる子供のようにいつまでも揺れている
僕の丹田のすこし下にしゃんと根を張って生きるもう一人の自分

ああ ちんぽよ
僕と共に生まれ育った兄弟よ
君が生きるこの世界はあまりにも君に冷たいが
けして折れることなく立ち上がる
何度も 何度でも

君と共に生きる自分もまた
折れることない意志と未来への渇望を抱いて
この世界に根を張って生きている

勇気をありがとう
そしてこれからもどうか僕と共に在ってくれ
---
諦めない心
[PR]
# by alt_plus | 2017-04-18 09:01 | メイドさんのいない日常 | Comments(0)

4月1週目の例のアレ

本文に心を向けない読書は読書ではなく読み流しではないかという苦言には耳を塞いでgo

4/3
■翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった 金原瑞人 ポプラ文庫
 児童書の翻訳で誰もが一度はお世話になっている(多分)金原瑞人先生のエッセイ。文章から飄々とした人柄が偲ばれます。大体タイトルからなんとなく、マジかwww全然違うじゃねえかwwwと突っ込みたくなると思いますが、本文読んでもそんな感じだった。そんな適当でいいのかw
 なおラノベ読みにとっては著者が古橋秀之や秋山瑞人の恩師であることは周知の事実だと思いますが、本書のラストにはこの著者とこの両名の鼎談が乗っていてとてもお得な感じです。まだ読めてないので楽しみに読みます
 
4/4
■西條秀樹のおかげです 森奈津子 ハヤカワ文庫
 最初の話だけ読みましたがなんだこれすげえの一言。すげえ

4/5
■ロジカル・シンキング 論理的な思考と構成のスキル 照屋華子・岡田恵子 東洋経済新報社
 これ絶対頭良くなる本だと思って何回か読もうとして毎回挫折してるんですけど、冒頭の「メッセージ」に関する話がいきなり刺さりました。最近こういうこと考えて仕事してなかったなあ、大体事なかれ主義だったり、なんとなく感覚で雑に仕事してたりしたなあ、忙しくて自分のやってること顧みる暇がないからっていうのはまあ言い訳なんだろうなあ、とか色々思いました。この本については、一度は読み終えなくてはいけないのだろうなと思います
 
4/6
■ガルパンの秘密 ガルパン取材班 廣済堂新書
 公開から数年経つにも関わらず未だ現在進行形で大洗をヤバい勢いで盛り上げているガルパンについてたくさんの関係者にインタビューした話。クリエイターのみならず、プロデューサーや大洗の企業の人々や作品に協力した自衛隊の人々にも話を聴くという多角的なことをやっていて、しかもひとつひとつの中身が濃いのでとても面白いです。何しろ目の付け所が素晴らしい
 
4/7
■黒の派遣 江崎双六 TO文庫
 表紙絵超かっこいいので買ってみました。非ラノベでここまでやるの珍しいなと思いましたがTO文庫ってラノベ扱いなんだろうか。主役は中年の窓際族の刑事なのですが、中身はガッツリ刑事ものというよりは大分組織に関する記述は少な目にしてキャラクタの因縁とか活躍を書き込むタイプの話でした。江戸川乱歩賞の作品でよく見るような、冴えない感じの中年が主役って感じの話を大分ライトにした感じですね。作中の正義とか道徳に関する主張のわかりやすさと、終盤のサプライズは割と良かったです
[PR]
# by alt_plus | 2017-04-09 23:33 | 小説とか読んでみたり | Comments(0)

3月5週目の例のアレ

雑オブ雑

3/27
■進化とは何か リチャード・ドーキンス著 吉成真由美編・訳 ハヤカワ文庫
 『利己的な遺伝子』で有名な著者がファラデー宜しくクリスマスに子供向けの科学のレクチャーをやったときの講義を文章化したものだそうです。まえがきにカマキリの雄が雌に頭食われながらもそのまま交尾続けてた話が載ってましたが既につかみとしてやばい――で、本編は読めてないので、そのうち読みます……ドーキンスに外れはないだろ、という心持ち
 
3/28
■殺人出産 村田沙耶香 講談社文庫
 まあごく普通に読みやすくて、この作者に期待する狂気を孕み始めるのはどのあたりからかしら、という感じなのですが、30p目くらいのところでその片鱗が出始めました。多分期待通りの話でしょう。タイトルもタイトルだし

3/29
■ソクラテスの弁明 プラトン著 山本光雄訳 角川文庫
 有名なやつ。プラトンのエッセイみたいなやつなのかなと思ってたら物語仕立てだったのが意外でした

3/30
■38億年 生物進化の旅 池田清彦 新潮文庫
 地球上に生命が生まれて38億年、そこから現代まで連綿とつながる進化の歴史をわずか200pちょっとの本にまとめてしまおうという大胆な試み(本文中に大胆って書いてた)
 生命が勝手に産まれる理屈というのがずっとわからないでいて、昔別の本で「アミノ酸は原始のプールに雷のエネルギーを与えると勝手に産まれる」というのを読んだことがあったのですけど、この本にもそれが言及されてたのでやっぱり有名な話だったんだなと思いました(ユーリ・ミラーの実験)
 
3/31
■身近な雑草のふしぎ 森昭彦 サイエンス・アイ新書
 読み始めて文章がめちゃめちゃポエティックなのに驚きました。文章流してるだけで楽しめそう。あと雑草の種類ごとに章立ててサブタイを入れてるのですがそれが大分凝ってておもしろい

[PR]
# by alt_plus | 2017-04-02 20:01 | 小説とか読んでみたり | Comments(0)

3月4週目の例のアレ

3/20
■こんなに変わった歴史教科書 山本博文ほか 新潮文庫
 一般に無味乾燥と言われる教科書の記述は、その執筆を何度かやってきた著者からすると、細かい部分のてにをはに至るまで吟味され、簡単な記述の中にも多くの思いが込められているのだそうで。細かすぎて伝わらないってやつだと思いますが、そういう見方が出来るのなら、大人になった今の頭で教科書を再読してみたいものですね。
 たとえ現在の教科書の記述と異なる知見が最新の学説に現れていたとしても、それが学会で承認され教科書に反映されるまでには長い時間がかかるのだとか。その間およそ30年。本書が執筆された2006年と1970年の教科書を比較し、どれだけ内容に違いがあるかというのを細かく見ていくという本です。個人的に衝撃だったのは、かつての縄文時代に関する知見が旧石器捏造事件(ゴッドハンドの人のアレ)を受けて大きく書き変わってしまったというものでした。当時の人間がこういう生活をしていたという根拠になる遺物の発掘にゴッドハンドが関わっていたから、そういうの皆怪しいんじゃねえの、ということになったのだそうで
 
3/21
■デキる人は「喋り」が凄い 勝つ言葉、負ける言葉 日本語力向上会議 角川oneテーマ21
 正味読まなくてもいい本だと思いました

3/22
■金融工学、こんなに面白い 野口悠紀雄 文春新書
 中身はまったくわかりませんがある程度経済学とか株とかかじってると面白いアレです。なお、金融工学では金儲けはできないらしい(冒頭に口酸っぱくして書いてた)
 
3/23
■知らないと恥をかく世界の大問題 池上彰 角川SSC新書
 著者が著者だけにさすがのわかりやすさ。サブプライムローンの問題がリーマンショックの引き金になっていたという、多分現代を生きる人間として常識中の常識のようなものを知らなかった自分を再認識いたしました。FRBって何やとか、金融緩和・量的緩和って何やとか、そういう基本的なところも合わせて。恥をかく前にわかってよかったですね
 

3/24
■暗夜行路 志賀直哉 新潮文庫
 文章が存外読みやすい(持って回った言い回しではない、簡潔な文章)のでびっくりしました。現代に名を残してる文学は全部難しい漢字と難しい言い回しをバリバリ使ったよくわからない硬い言葉の羅列で出来ているものだと思っておりました。ひどい偏見でありますね。なお冒頭部分を要約すると小説家の主人公が同業の知人に作品のモデルにされた上作中でアホキャラ扱いされたので大層ムカついたとか、小説は知人の私小説っぽい内容で端的には「ワイ氏、15、6の女中を孕ませて堕ろさせたったwwwww」という内容を概ね良心の呵責なく描いていたから読んでて非常に不愉快だったとか、「知人のDT君は女中のことをひっそり好いとったみたいやけどワイ氏その裏でヤリまくりwwwwDTざまぁwwwww」みたいな内容だったのでマジギレしたとかそんな感じでした。最後までそういうちんことまんこの話を突き詰めた形で進んでいくんだろうか。先のことはわかりませんが、なるほど文学という気がします

[PR]
# by alt_plus | 2017-03-26 17:44 | 小説とか読んでみたり | Comments(0)